Rockey Linux 9 でSLを走らせる

マヂヤメロ(マテ

…閑話休題。

UNIX界隈では有名な sl コマンド。

ファイル一覧を表示するコマンド ls をtypoして sl と打ってしまうと、画面をSLが疾走するというジョークコマンドです。20年以上前の代物ですが、なんとRHEL 9系OSでもしれっと動いてしまうのでした。

注意)インストールはご自身で管理している個人的な環境に限定して下さい!

インストール

まず、GitHubにあるリポジトリからソースコードをダウンロードします。
ついでにこちらで公開されているパッチ(改造5 fix 1)もしれっとダウンロードします。

開発パッケージが入っていなければインストールします。

# dnf groupinstall "Development Tools"

ソースコードを展開し、コンパイルします。

$ tar xvzf sl.tar.gz
$ cd sl
$ patch -p1 < ../sl5-1.patch
$ make

もしかすると

sl.c:35:12: 致命的エラー: ncurses/curses.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
   35 |   #include <ncurses/curses.h>
      |            ^~~~~~~~~~~~~~~~~~
コンパイルを停止しました。
make: *** [Makefile:23: sl] エラー 1

とエラーが出るかもしれませんので、その場合は不足してるライブラリをインストールします。

$ sudo yum provides \*/curses.h
    :
ncurses-devel-6.2-10.20210508.el9.x86_64 : Development files for the ncurses library
Repo        : appstream
一致:
ファイル名    : /usr/include/curses.h
ファイル名    : /usr/include/ncurses/curses.h
ファイル名    : /usr/include/ncursesw/curses.h

$ sudo dnf install ncurses-devel

コンパイルに成功すると、sl という実行コマンドができあがります。

あとは実行するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です